【経験談】六個の高そうなロレックスを身に付ける感想について

ロレックス用の収納箱を入手して、これらの腕時計を納まろうと思います。私は六個のロレックス(その中でデイトナ3個、GMT2個、サブマリーナ一個)を身につけています。 5つは金属製で、1つは鋼製です。3つは香港に、1つはアメリカに、1つはギリシャ、1つは上海に購入しました。これからは、ロレックス デイトナ レインボーでなければ、ロレックスは買わないようにします。

これ以上、もう一つのロレックスDDさえあれば満足できると思うけど、もともとプラチナ製メテオライトを購入したいです。香港で一度見たけど、あまり想像に合っていなくて、買う気がなかったです。
私にとって、その六個のロレックスはどちらも大好きです。ほかのブランドは入手したこともあるですが、どうしてもロレックスに比べにならないと思います。ユニークな文化は遊び心に満ちており、会場から街路までどこにもぴったりです。
プラチナ製ロレックスブルーコスモグラフ デイトナ
非常に好きな、絶妙でエレガントな、並外れた気質です。しかし、それはあまりにも重いので、普段はあまり着用されていません。
グリーンロレックスコスモグラフ デイトナ
これをすると、カッコイイコーデに配慮しなければなりません。
ロレックスパンダデイトナ
クラシックなスタイルはシンプルでエレガントです。それから、重金属に慣れた私にとって、それは少し軽い感じがします。
ロレックスniggers
重い、質感のある、全体的に美しい、2番目に好きなロレックスです。
ロレックスグリーンゴールドGMT
素敵な緑色です、GMTダイヤルでも非常に調和しています
ロレックスプラチナGMTマスターコーク
色、文字盤、そして機能はちょうどいいです。現在一番お気に入りロレックスです。
好きな腕時計を手に入れることは幸せです。そんな幸せな気持ちを皆さんに知って頂きたいので、ここで解説付きでまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です