寂しい!一人で腕時計を楽しむことってどんな感じ

知らず知らずのうちに、私は腕時計にたくさんの写真を撮りました。
これらの腕時計は高価ではなくて、安価なモデルもありますが、どれも重宝しています。

素敵な腕時計は価格を問わないと信じていても、高価なものはブランドや製造工芸に優れているとよく言われています。しかし、安価なものでも、それぞれ魅力があります。したがって、カメラの前では、私は等しく扱われます。

時計写真を撮ることは寂しいです。観察から、配置や光、角度まで、すべては一人で考えるしかありません。息を止めて、カメラのシャッターを押します。

あらゆる欲望は私を充実させ、欲しいものを所有することよりも優れています。
しかし、紙の上の写真はただの慰めしかありませんが、我々はとても夢中になっています。

一人で腕時計の写真をするのは寂しいですが、私は分かち合うことに熱心であり、またたくさんの友達同士に出会いました。

このように、ショットはそれほど寂しくないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です