バブルバックはどんな腕時計?

ロレックスにはたくさんの時計があってから、その中一つのバブルバックはどんな腕時計?バブルバックについて、概要と歴史をご紹介しましょう。

1993年に完全防水性能備える腕時計を開発した。この腕時計は世界中に初めて防水機能を備えたモデルのことを表しています。その時、作られた完全防水腕時計のことを総称してバブルバックと呼ぶ。完全防水にしたことで搭載するムーブメントなどの厚みが増してしまい、従来の裏蓋が使用できなくなってしまったのだ。そこでロレックスが開発したのがバブルバックという厚みを持った裏蓋だ。裏蓋の厚みが泡のように膨らんでいる。ことからバブルバックと呼ばれるようになった。

 

バブルバックは1933年に発売されてから1955年まで使用されていたのが、現在は使用されない。

バブルバックはこの数年間どのように更新される?

 

1933年~1935年までがバブルバックの1stモデル。ムーブメントを覆うカバーには分解マニュアルが書かれている。緩急針のスロットが開けられていって、これは1stの特徴だ。

1941年~1943年まで製造され3rdモデルは9 3/4ハンターが搭載される。精度は前代より高くなった。4thモデルはスイスのクロノメーター協会から正式に認定を受けた。

1945年に5thが発売された。そして、1946年に発表された6thモデルだ。6thはさまざまなことを改良した。6thモデルがバブルバックの最後のモデルで、1955年に製造終了になった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です